今年もテンプグループ・チャレンジウーマンをサポート!

Pocket

シドニー大学
シドニー大学

総合人材サービスのテンプグループが毎年行っている「チャレンジウーマン・スカラシップ」。

海外経験を通じ、夢の実現やキャリアアップを目指す女性を支援する社会人向けの留学奨学金制度です。

現在、アメリカのシアトルとシドニーの2コースが設けられているのですが、昨年度から、シドニー・コースで来豪する女性たちのフィールド・ワークをサポートするアドバイザー的な役割を請け負っています。

この制度で彼女たちがオーストラリア滞在中に行うのは、シドニー大学付属語学学校での語学研修とフィールド・ワーク。

そのうち、フィールド・ワークでは、どのような人にあったらいいか、どのような企業や店舗を訪問すればよいのか、という頭の痛い問題がつきまとい、リサーチ不十分などで、なかなかうまくいかなかったこともあったそうです。

 

そこで、私(平野美紀)の経験を生かして、彼女たちをサポートして欲しい、と、昨年声をかけていただき、初めてチャレンジ!

こうした留学生のサポートという業務は、過去にやってきたわけではないのですが、2015年度シドニー組の皆さんから評判がよかったそうで、

「もっと早く(日本を出発する前)から平野さんとやりとりできれば、もっとよかった~(無理を承知で言っているのですが…(^_^;))」

といったウレシイ言葉を頂戴し、今年も担当させていただくことになりました。

 

確かに、取材やメディア・コーディネートで築いてきたコネクションやリサーチ力は、こうしたフィールド・ワークのサポートにも十分効果を発揮できたと感じていますし、これまでいく つかの視察コーディネートなども行ってきた経験から、彼女たちがオーストラリア各地を移動する際の行程的なアドバイスも的確にできたのではないかと思っています。

今年も4名の女性が、来月、シドニーにやって来る予定です。

彼女たちは約2ヶ月間オーストラリアに滞在し、自分の夢を叶えるべく、たくさんの人たちに出会い、数多くの経験を積んで、日本へ帰国することでしょう。

そんなわけで、私も新しい分野へと挑戦している真っ最中!(・・・そういう意味では、私もチャレンジ・ウーマンなのでした(笑))

チャレンジ・ウーマン・スカラシップ
チャレンジ・ウーマン・スカラシップ

今年はどんな人たちがやって来るのか、今から楽しみです♪

 

昨年サポートさせていただいたシドニー組のアヤコさんのインタビューが掲載されています。よかったら読んでみてください!

入社4年目で2カ月休暇をもらって留学した話。 ~小さな一歩からはじまったブレイクスルーまでのロードマップ~

 

※こうした現地サポートやアドバイザー業務、企業や団体の視察コーディネートも承ります。お気軽にお問い合わせください。

Follow Miki Hirano:

Travel Journalist/ Writer/ Media Coordinator

人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆やラジオやテレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は、野生動物とエコ。