謎だらけ!奇妙な生き物カモノハシ ~「フルタチさん」へ映像使用許諾手配で協力

Pocket

謎だらけの生き物 カモノハシ © Peter Scheunis
謎だらけの生き物 カモノハシ © Peter Scheunis, Wikimedia Commons

 

昨日(12月11日)、フジテレビで放映された「フルタチさん」の「フルタチさんと学ぶ、ひっかかる授業」のコーナーで取り上げられた「カモノハシ」。このコーナー内で使用したカモノハシが水中で泳ぐ映像の使用許諾及び手配をお手伝いさせていただきました。

 

収録までの時間があまりない中、なかなか動かない(仕事しない)オージー相手の作業は、通常なら「ムリかもーーーっ」と半泣きになりそうなところでしたが、強力な助っ人(…というか、映像部署のトップ)とのコネクションで比較的スムーズに進み、なんとか間に合わせることができました!感謝!!

 

とはいえ、途中で入る様々なリクエスト(◯◯してる映像や××の画像ないですか?)に応えようにも、週末にかかってしまうため、当のオージーが捉まらず…で、なかなか思うようにいかないことも。。(泣) オージーって金曜から月曜まで休みって人、結構いるんです。。。orz

でもホントに、コピーライト(著作権)に関わる許諾を得るのって大変!(だから、安易に無断で使って社会批判を浴びるようなトンデモサイトがボコボコできるんでしょうけど…当然、無断使用・転載は違法行為だし、何より著作権者への敬意を忘れてはならない。そういう意味では、時間とお金をかけてキチンと許可とってる既存メディアはエライ!と思うよ。本来、当たり前なんだけど…)

 

ともあれ、肝心の映像は入手できたのですが、映像ファイル受け渡しの段になって、ちょっとした問題が発生。

東京側で、プレビュー・ファイルが、なぜか音声だけで真っ白になってしまって見えない…
マスター・ファイルをダウンロードすると壊れている、となってしまう…

などなど・・・

インターネット経由で、短時間でファイルのやり取りが可能になり、本当に便利な時代になったのですが、まだまだ送り手と受け手側の環境の違いやネットの通信事情等で、フェイル(失敗)してしまうことがあるのです。でも、あの手この手で代替え手段を提示し、トライしてみてもらって、無事、成功!\(^o^)/

1998年創業時はウェブサイト制作やサーバー管理、システム構築やプログラミングなどもやっていたこともあり、現在でもインターネット分野には長けている(はず…な)ため、手の内がいろいろあってよかった!と、心底思える出来事でした。

 

さて、その謎だらけの「カモノハシ」ですが、番組内では、アンタッチャブルの柴田さんが解りやすく説明してくれていましたが、「中途半端!」とか言われちゃって、ちょっと可哀想。。(^_^;) でも個人的には、柴田さんの動物に対する愛情というか博識ぶりのほうにびっくりでした~!

「カモノハシ」は、“鳥・爬虫類と哺乳類を繋ぐミッシング・リンク”と言われ、哺乳類なのに卵を産み、毒を持っているなど、ホントに変わったところだらけ(詳細はこちら)なんですけど、それをあそこまでつっ込んで知っている(調べている)日本人って、あまりいないのでは??

 

今回このコーナーについては、弊社で監修的な作業はしていませんが、ひとつだけ、放送前に気になった点がありました。

それは、「カモノハシは水中でどれぐらい息を止めていられるか?わずか1分しか潜っていられない」という部分。

確かに通常では、1~2分間隔で潜ったり、浮上したりしていることがほとんどなのですが、最高10分くらいの潜水が可能なのです。やる気をだせばできるんです、カモノハシ!(笑) 

実際のところ、カモノハシ調査団体によれば、観測されている最高潜水時間は14分とのこと。カモノハシの潜水時間に関しては、人間もそうですが、個体差もあります。

ということで、この件についてお伝えしたところ、本放送では文字テロップで「※通常の潜水時」と入れていただいたようで、よかった~♪ 自分たちが関わった仕事で、間違いや勘違いされるようなことがあっては嫌なので。。。(^_^;)

 

そんな、「フルタチさん」。これまで再放送はやってなかったそうですが、この回は再放送が検討されているそうです。もし、再放送が決まったら、見逃しちゃった人はぜひチェックして、カモノハシ・ファンになってください!

フルタチさん 番組公式サイト

 

※オーストラリアの野生動物(鳥や爬虫類も含め)のことなら、全スタッフが「オーストラリアの野生動物救助介護資格」を持つ、弊社におまかせください!

動物に関することは、意外と学術的な部分が多く、専門的な単語が用いられるため、知識がないとわかりにくく、間違いや勘違いなどが起こりやすい分野です。また、今回あったような異環境でのファイルのやり取りトラブルの解決やリサーチなども含め、インターネットにも強いので、何かとお役に立てると思います。(`_´)ゞ

Follow Miki Hirano:

Travel Journalist/ Writer/ Media Coordinator

人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆やラジオやテレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は、野生動物とエコ。