入りにくい、だけじゃない!? 入りにくい居酒屋

Pocket

番組で紹介されたお料理「天国のチキンカツ」。実物はこの倍の大きさ!
番組で紹介されたお料理「天国のチキンカツ」。実物はこの倍の大きさ!
※全部食べられない私のために、シェフが特別に半分サイズで作ってくれました。

 
放送からだいぶ経ってしまいましたが、NHK-BSプレミアムの番組「入りにくい居酒屋」の「シドニー」(1月放送)と「メルボルン」(2月放送)のコーディネーションを担当させていただきました。

この「入りにくい居酒屋」という番組、実は何年か前に日本に帰国していた時に、実家でたまたま見ていて、「オーストラリアもやればいいのに…」と、何の気なしに思っていたので、お話をいただいた時は、ちょっとびっくりでした!

 
この番組では世界各地の「入りにくい」酒場を紹介しているのですが、オーストラリアのお店はこれまで取り上げられておらず、初登場でもありました。

なので、これは重大な使命!?

・・というわけで、過去に放送された番組を見られる限り片っ端から見て、番組の方向性や趣旨を読み取る努力をしました。実際にロケハンに入るまでに、少なくとも20本は見たはず(笑)

 
で、その上で、わかったのは、これは想像していたよりも大変だぞ…ということ。

この番組は、単にお店を紹介するだけでなく、お店の歴史や店を通した人間模様が描かれている必要があったのです。
そう、とっても奥が深いっ!

単に「入りにくい」だけではなかった「入りにくい居酒屋」。。。
そして、もちろん、そのお店は、地元の人に愛されていなければならない。
さらに、番組のキャッチコピーは『地元の人しか知らないディープな名店を紹介する番組』なので、日本の某有名ガイドブックには絶対に載っていない。
ということも重要なポイントです。

メルボルン市内を撮影中、他の撮影班とバッティングして入れ子式撮影に(笑)
メルボルン市内を撮影中、他の撮影班とバッティングして入れ子式撮影に(笑)

 
そうしたことを考慮しながらリサーチし、お店をリストアップしたのですが、とりあえず各都市15店ずつ候補を挙げ、さらに、もしダメだった時の次点を各十数店舗ほど頭の中に挙げておいた状態で、ロケハンに突入しました。

ロケハンには、プロデューサーさんとディレクターさんが来豪し、実際にお店をチェックしていくのですが・・・ここで、さらに重大なお題が…

 
お店で出される料理は「本当においしくなければならない」!!!

 
プロデューサーさんとディレクターさんが、「これは!」と思った店では実際に食べてみて、味についても合格サインが出されなければ×…

つまり、「入りにくい」ことは大前提で、「観光客にはほとんど知られていない、地元の人に愛される繁盛店」かつ「料理がおいしい」という三重苦のお題が課されていたのでした。。

おいしいけど入りにくくて、お客で一杯の店、ってどんな店だよ、、という。。。(・∀・;)

しかも、この三重苦を見事クリアして、せっかく取材対象が決まったとしても、その場で取材許可の交渉をしなければならないため、もし、断られたら他を当たるしかない…(涙)

そのため、無理やりでも次点の目星をつけておく必要があるため、シドニーもメルボルンも25店以上ご案内したと思います。。

 
でも、そんな中、最終的に決まったお店は、シドニーもメルボルンも、こちらで最初にリストアップした15店からでした!ε-(´∀`*)ホッ

どちらの店も取材を快く引き受けてくれてよかった~♪

取材許可を申し込んだ時に、ちょうど責任者が不在だったりして、いろいろとハラハラしたことはありましたが、なんとか無事、撮影終了し、ディレクターさんの(寝ずの?)素晴らしい編集で、素敵な番組になっていたと思います。

シドニーもメルボルンも、他の国のお店編とちょっと異なり、店主ではなく、お客さんたちが主人公になっていて、実際に自分がお客となってお店に行った時の様子が想像しやすかったのではないでしょうか。

誰が行っても、番組で描かれていたような温かい歓迎を受けること、間違いなし!

シドニーの店は、豪国内有名お天気キャスターも常連さん
シドニーの店は、豪国内有名お天気キャスターも常連さん

シドニーのお店は、番組で紹介されていた通り、RSLクラブであり、元々は退役軍人のための店としてオープンしたため、日本人の中には、「マジで入りにくい!」と感じた人も多いかもしれませんが、現在のRSLクラブは、安く飲み食いできることから、地元では家族での利用も多く、誰でも気軽に利用できるお店になっていますので、ご安心を。

そして、メルボルンのお店は、お店のスタッフ、キッチンのスタッフ、常連客も皆、本当にフレンドリーな歴史あるパブです。キッチンを取り仕切るシェフは、どことなくサッカー選手のジェラード似のいい男(笑)。とても気のいいシェフなので、店に行ったら声をかけてみてください。

おちゃめで気さくなシェフのガスはちょっとジェラード似(笑)
おちゃめで気さくなシェフのガスはちょっとジェラード似(笑)

放送後、番組を見てから実際にお店に行った日本人の方が多かったようで、シェフのガスも「放送されたら多少は日本人が来るのかな。と思っていたけど、こんなに来てくれるとは思ってなかったよ」と言っていたほど。また、知人の中には、「何度も繰り返し見たよ!」という人もいて、反響の大きさに驚くばかりでした。

どちらの店も地元客がほとんどですが、単なる観光では味わえない“本当のオーストラリアらしさ”を体験できるお店で、一見さん大歓迎なので、皆さんもチャンスがあったらぜひ、足を運んでみてください!

<お店情報>

入りにくい居酒屋・シドニー
店舗名:Narrabeen RSL Recreational & Memorial Club 
住所:116 Nareen Parade, North Narrabeen NSW 2101
電話:(02) 9913 8016
番組HP・シドニー紹介ページ:http://www.nhk.or.jp/nikui/67_sydney/

入りにくい居酒屋・メルボルン
店舗名:Windsor Castle Hotel 
住所:89 Albert St, Windsor VIC 3181
電話:(03) 9525 0239
番組HP・メルボルン紹介ページ:http://www.nhk.or.jp/nikui/70_melbourne/

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 Wave Planning
Follow Miki Hirano:

Travel Journalist/ Writer/ Media Coordinator

人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆やラジオやテレビ出演などで情報を発信しながら、旅行情報サイトの運営やメディア・コーディネーターもこなす。目下の関心事は、野生動物とエコ。オーストラリア野生動物保護救助資格有。