ドローン100機がビビッド・シドニーの夜空を彩る

Pocket

ビビッド・シドニー シドニーハーバーYHAのルーフトップからの眺め
ビビッド・シドニー シドニーハーバーYHAのルーフトップからの眺め

 

シドニーの冬を彩る光と音とアイデアの祭典「ビビッド・シドニー VIVID SYDNEY 2016 」。

ビビッド・シドニーを初めて開催する時に、ローンチ・イベントに呼んでいただて、早8年。今年で第8回目となりました。

例年はチラッと、どんな具合かなぁ?と見に行くだけなのですが、今年は、シドニー湾が一望できる屋上のオープン・テラスが自慢の「シドニーハーバーYHA」に宿泊させていただき、久々にじっくりと夜のシドニーを満喫してきました!

シドニーハーバーYHAからの眺めが素晴らしいことは、以前から知っていたのですが、先のATEでYHA(オーストラリア・ユースホステル協会)のマネージャーさんとお会いし、
「うちのシドニーハーバーの屋上から見るビビッドが最高なのよ。ぜひ、見に来て!」
と、誘っていただいたのです。

シドニーハーバーYHAのルーフトップ・テラスからの眺めは・・・
そりゃあ、もう、ホントに最高!でした~

 

この日は、夜中の11時過ぎまで、iPhoneからライブ配信できるアプリ Periscope で生中継しながら、シドニーハーバーYHAのあるロックスやオペラハウスのあるサーキュラーキーをうろつき、足が棒に…(笑)。
それでも、シドニー各所に散らばる見どころをすべて見ることはできませんでした。

しかし、ちょっと見始めたら、最後まで見ないと気が済まない性格のため(?)、まだ見きれていないダーリングハーバーやマーティンプレイス、ロイヤル・ボタニックガーデンなども見たい!と、結局、その後も含め、計3日間もシドニー中心部に通ってしまいました。(^_^;)

本当は、2日間でやめようかな?とも思ったのですが、どうしても見たいものがあったのです。
それは・・・・・・

 

ドローン100

100機のドローンがビビッド・シドニーで彩られたオペラハウスの上空を舞う!という、これまでにない企画。
ビビッド・シドニーの開催期間は28日間ですが、この「ドローン100」は、6月8日~12日までのわずか5日間のみ。しかも、天候に左右されるため、ちょっとでも風が強ければ中止にという、不確定要素の強いイベント…

そもそも、シドニーハーバーYHAに泊まる日をこのドローン100に合わせたはずだったのに、その日は強風で中止、、、
結局、3日間通うことになったというわけです。

しかし、最後の最後に見られてよかった~!

 

花火のような派手さはないけれど、小さな星のような光がふわふわと夜空を舞う―― 儚い美しさ。

ドローンが、なんだか生き物ように感じ、パフォーマンス終了後に戻ってくる時には、「アー、オワッタ、オワッタ。オツカレー」と、囁き合うドローンたちの声が聞こえるような気がしたのでした。

それにしても、シドニーの夜は本当にきれい!
ビビッド・シドニー開催中はなおさらですが、普段でもしっとりと美しいシドニー・ハーバーとオペラハウスの景色は何度見ても見飽きません♪

 
ビビッド・シドニーの写真の一部は、Instagramで公開していますので、あわせてご覧ください!
Instragram -Tabimag by Masahiro Hirano

 

Follow Miki Hirano:

Travel Journalist/ Writer/ Media Coordinator

人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆やラジオやテレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は、野生動物とエコ。